gongodman’s blog

Welcome to Underground・・・

12月上旬のおはなしとコミケ新刊のおはなし【323】

ごんばんは!gongodmanです~!こないだぶりですね~!今宵もがんばってブログを更新しちゃいますよ!
たまにはTwitter記事以外もやっとかないとね。タイトル通り、近況報告と告知の話なんですが、ヒマな人だけ読んでくださいや。


12月上旬、色んなことがありましたねえ。世間的にはゴーン問題からM-1の暴言騒動、スマブラSPの発売など、話題が目白押しだったような気がします。
そして何と言っても寒い!寒すぎる!こんだけ寒いと出勤はまだしも、休みの日の外出なんてできたもんじゃありません。
暑いのは嫌いですが寒いのはもっと嫌い、gongodmanです…貼るカイロはもう身体の一部…

僕はそんな寒い中で、僕は主に3つのことをがんばってました。仕事個人活動、そして冬コミ新刊の校正です。
仕事はねえ…毎年12月になると、高校の営業回りをしなきゃいけなくてね。先週で月曜12校、水曜7校、金曜4校と詰め込みまくりまして…そりゃ疲れるわな(白目)
ただでさえ寒いのに、遠くまで車で行かなきゃだわおまけに雨も降ったりしてね。んで、やっと着いたと思ったら先生がお取り込み中だったりするんですよ。
仕方のないこととは重々承知してるんですが、毎年この時期にあって毎年やらなきゃいけないって考えるとしんどくなるわね、しんどくなる…
まぁでも大人だし、もう割り切ってやるしかないんですけどね。うん、よし。今月分の営業は終わったんだし、この話も終わり!閉廷!

んで、次に個人活動なんですけどねえ…おとといの記事の冒頭で言った通り、先月からギリギリの状態が続いておりまして。
主な理由は後述の校正なんですけどね。pixivはイラストが昨日やっと1000作品に到達しまして。校正でずっと足踏み状態でしたが、ようやく達成できました。まぁこれに関してはいっぱい話したいことあるんで、追々ここで話しますけども。
ですがまぁ、そういう理由で校正を怠るわけにもいかなかったので、普段は成功することのない優先順位付けを何とか成功させて現在に至るわけなんですよ。

あと、ペース落ちたのは校正だけじゃなくて、体力の低下も原因なのかなーって思います…。
「25歳を超すと体力が衰えだす」というのは俗説だと思ってましたがホントですね。とにかく最近は夜めっちゃ眠いです。創作でけへん。
これを親に言うと決まって「まだ若いだろ!何言ってんだ!」と叱られますが、いやいやホントなのよ…衰えつつあるのよ、マジで…
まぁ、健康的な生活を考えるともちろん早く寝た方がいいんですけどもね…創作の時間がもっともっと欲しいんじゃ~…(届かぬ思い)

さて、そうやって2連続でネガティブな話となってしまいましたが、ネガティブだけではありません。がんばったこともあるのです。そうです!冬コミ新刊の校正です!
先月できた原稿を何度も見直して何度も内容や誤字脱字の修正をして、3日前にやっとこさ最終チェックが終わってサークル代表に提出したんですよ。
「14日までに出して欲しい」って言われてたので、日程的には結構ギリギリでしたね。まぁ最終日はもしもの時の為の予備日に取っておきたかったのです。
いや~、にしても、本文は2万文字以上も書いちゃいましたよ。その分、校正が終わった瞬間は開放感に浸りましたね。もう長いのなんの。マジよ。

しかし、校正は本業なのに2週間近くもかけてしまいました…まだ時間に余裕があるからと言ってダラダラしてちゃダメですねぇ、やっぱ。
表紙は絵師さんが、割付・入稿はサークル代表の方がやってくれて、後は印刷会社さんの力なので、僕一人でやってるわけじゃないですしねぇ。
そこが長年〆切もなくただ一人pixivでダラダラやってきた自分の欠点だと痛感しました。やっぱコミケ参加する人ってすげーわ。
まぁそれでも、今年はホント誘われてよかったですし、参加も決めてよかったです。おかげで成長できましたし、勉強にもなりましたし、何より一生の思い出になりますもの!
当日まで残り約2週間。ドキドキとワクワクで胸いっぱいですが、精一杯新刊を売り込もうと思います!がんばるでぇ!!


そういうわけで、前にここで発表したコミケ情報を新たな情報も加えて再宣伝させて頂きます!冬コミ行く人、絶対僕の作品を買うんだぞ!

<サークル情報>
◎期日:12月29日(土) ※初日
◎場所:西地区"ね"ブロック―14a
◎サークル名:「みけねこ屋」
◎新刊名(タイトル):『俺たちの友情な愛情』

<新刊情報>
◎形式:小説
◎コンセプト:ラブコメ、SF、TSF(女体化) ※非エロ
◎価格:500円(予定)
◎部数:35部 ※2日目の「TSFミーティング」でも販売を行う
◎ページ数:56ページ
◎あらすじ
・大学生・彼女なし同士の誠也(主人公)と晋作(友人)。二人は幼い頃からの親友同士である。
・誠也はふとつぶやいた。「お前が女だったらよかったのになあ…」。気持ち悪いと嫌がるも、少し複雑な面持ちの晋作。
・そんな感じでダラダラ過ごしていたある日、誠也の家に一人の美少女が訪れた…


さて、これで再告知も終わりっ!これから本格的に個人活動を再開しちゃいますよ~!
色んなしがらみから解放された今のごんは誰にも止められへ~ん!じゃあ今からいっぱい創作してくるね~!!…でも寒いのだけはどうかして…(無理です)

 

~今日のうんちく~
天皇ミニうんちく集
天皇・皇族には名字が存在しない。
天皇・皇后はパスポートが不要だが、それ以外の皇族は必要。
天皇は皇族ではない。(皇族は皇后・太皇太后・皇太后親王親王妃内親王・王・王妃・女王のこと)
・日本の成人は20歳だが、天皇、皇太子、皇太孫の三名のみは18歳が成人。
警察庁には天皇・皇族を護衛する「皇宮警察」があり、各県警とは異なる警察庁直轄の組織である。