読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【26】「終わり」は恐れるものではない(戒め)

いよいよ今年も残り1ヶ月を切った。今年は例年に比べて本当に色々なことがあった。
色々なものが始まり、色々なものが終わっていった。出会いの数だけ別れがある。一期一会とはかくもよく言ったものである。

 

無論わたしも例外ではない。社会人生活が始まり、学生生活が終わった。
23歳が始まり、22歳が終わった。ブログ活動が始まり、pixivの連続月記録が終わった。
最後急にしょうもなくなったと思うだろうがわたしにとっては結構深刻な問題だ。
「ブログを始めたお前の責任だろ」と言われるだろうが、先月に至ってはそれだけじゃなかった。
描いてはいたが良いインスピレーションが出らず、一種の長期スランプに陥ったのである。正直スランプはセンスでどうにかするしかないとして問題はモチベーションだ。


連続月記録というのは、具体的に言えば「月間20投稿、月間15000閲覧、月間100ブクマ」のことだ。
pixivユーザーじゃない人は分からないだろうが、これは下手くそ絵描きにしては素晴らしい数字だと自負している。
この数字は5ヶ月連続で継続していたが、11月であえなく途絶えてしまった。12月1日、わたしは虚しい気持ちになった。
絵が下手なわたしにとってのモチベーションの原動力はユーザーからの反応が生み出す活動記録の継続なのだ。
それが途絶えたとあっては☆GON☆の名折れと言っても致し方ない部分はある。


要するに、また一から、ということなのだ。しんどさが心と身体を襲うが、一方でいつまでもあれを続けられるかと言われればYESと答えられる自信はない。そういう意味ではわたしの苦手分野である「区切りを付けること」ができたのかもしれない。
何も経験値や知名度もリセットされたわけではない。そうやって自分を励ましながら今日もPCを立ち上げてペイントソフトを立ち上げることにする。


~今日のうんちく~
現在知られているサンタクロースのイメージはコカ・コーラが由来している。
1931年にコカ・コーラ社がクリスマスキャンペーン用の広告にサンタを使ったことがきっかけ。
コカ・コーラのイメージカラーを模した赤い服と白い髭のサンタが世界中で人気を博し、瞬く間に今のサンタのカラーイメージが定着したとされている。